とうふギフト/head

「どんどこあさば」は農の文化拠点を目指しています

ライン


どんどこあさば
静岡県袋井市浅羽地区(旧浅羽町)は、米、小麦、大豆、マスクメロンの産地ですが、知名度は乏しい地域です。「どんどこあさば」は、まちおこしの機運が高まる中、まちの有志が農産品を活かした地域ビジネスを目指し、2001年に興した会社です。

創業の思いは、農の文化拠点づくり。命を育む営み、自然と人との共生、人と人の絆など、農が持つ良質な価値観を表現していこうという志です。

農産品直売所、バイキングレストラン、とうふ工房・だんご工房を運営し、地域食の循環がご家庭の団らんや地域のしあわせづくりになりますよう、どんどこ、どんどこ進んでいきたい、と思っています。


5つのテーゼ(基本の考え)
1.私たちは、農業を基本とした地域づくりを行います。
2.私たちは、昔ながらの知恵を大事にした新しいライフスタイルを提案します。
3.私たちは、おいしくてからだにやさしい商品をつくります。
4.私たちは、水と土を育む地域の自然環境を守ります。
5.私たちは、協働の心で楽しく夢を持って働くことのできる職場をつくります。